FC2ブログ

今日は私のひとりごと

ひとり言
09 /13 2018
滅多に坂本博子としてのひとりごとは、書かないけれど

ふと、幼かったころの思い出がよぎる

「貧乏人の子沢山」と陰口を言われながらも、
母の子どもへの愛の深さには、今また改めて頭が下がる

多分、母の自作の歌(他にもあったな(笑))だと思うが、

お風呂屋さんからの帰り道、街灯もそんなにない時代
川べりを、母と大きな声で歌って帰るのがとても好きだった

♬♬ おーつきさま えらいな  いつもとしもとらないで  
   まんまーるくなったり  みかづきになったり
   はるなつあきふゆ  にっぽんじゅうを  てーらす

きっと母の郷では  太陽よりも月への想いが
篤かったのであろう

今年93歳の姑、急速に進む老化を目の当たりにしている

自分の両親には何一つ孝行できなかったことが
悔やまれてならない


  

コメント

非公開コメント

sarara

懐かしい故郷を味わってみませんか?
営業日時・木金土日
11:00~16:00
夏期・冬期休業あります

詳細はさららホームページ、から


↓メニューはこちら