「奥明日香さらら」店主のひとりごと

村おこしから始まった小さな「ふるさとレストラン」です

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

大切な話  

さららのオープン以来、いつも応援の言葉をかけてくれているおばちゃんがいる。
貴重な存在♪ありがたいな

(これは、もちろんおばちゃんの写真ではありません^_^;)
20160826212433587.jpg

今日は、ゴミの収集日なので店に行く途中、おばちゃんに出会った。

「大工さん入ってはったけど、どないするの?」って声かけてくれたから、
「今から店行くから、おばちゃん見に来てくれる?」

ということで、もうひとつのさららを見てもらう。

そのあと、さららのある栢森の昔の暮らしへと話が進んだ。
おばちゃんは、ここで生まれて育って、ず~っとここに住んでいる。

いろんな話をしてくれたので、書き留めておかないと、、、。

栢森は、その昔はとても栄えていた。
村というより、町のように賑やかなところやった。
(おばちゃんの年齢から想像すると、70数年前の話かと。)

豆腐やさん、鍛冶やさん、呉服屋さん、造り酒屋さんまであったそうな♥

やはり収入の発生源は山。
苗木を植えるところから、下草刈り、枝打ち、シバにして橿原などの業者へ売る。
夫の父に生前、何か特産品作りに繋がる話はないかと、この土地の昔のことを聞いたことがあった。
話の結論として、
「何にもそんなこと考えんでも、シバを売ったり、山で作業したりしたらお金になったから。。。」

今の生活でシバを使う場面はなくなったからなあ。
それで余計に山が荒れてるんやろう。

自宅のお向かいのおっちゃんに、生前、同じようなことを何度かきかせてもらったことがあったが、
やはり同じように、昔の栢森の繁栄ぶりを語ってくれた。
「お前は偉いのう(⌒‐⌒)、ここのために頑張ってくれてんのか?」
「栢森の集落の道は一級国道やった、吉野へ続く道で産業も発展したんや♪」
「吉野の方に製糸工場があって、栢森の何軒かの家は機織りもしていた。」
「蚕も育ててたで」

意外なことに、昔を語ってくれるおっちゃんやおばちゃんは、
こんなことをしている私のことを、褒め称えてくれる。

一握りでもいい、心から(ヨシ)と思ってくれる人がいてくれてる限り
ここで頑張りたい、頑張らないと、と思った。

山を活性させるのは、私の力では到底無理♪
けど、なんとかしたいなあ!

話をしてくれたおばちゃん、
米に関わる仕事をしていたから「米田」
山で木に関わる仕事をしていたから、「木田」になったって聞いてるで(⌒‐⌒)
つっこみどころ満載な話だが、どういうわけか今日は素直に信じることができた。

栢森で生まれ育って、今も現役で田畑仕事にせいを出してる80代以上のおじちゃんおばちゃんたちに、
もう一度聞き取り作業をしてみようと思った。


category: 奥明日香さらら

tb: 0   cm: 4

コメント

もえぎさん、お久しぶりです。
覚えてくれてありがとう🎶

やっぱりそうやったんですね?
主人の家の方は蚕とかの関係の仕事はしてなかったようです。

このところ、Fbでの投稿が多くなってきて、ブログがおろそかになってしまっています。
頑張って書きますので、時々訪問してくださいね♪

URL | sarara #-
2016/09/14 09:05 | edit

小さな魔法使いさん、いつもありがとうございます♪
アドレス変更をしてなくて、気がつくのが遅くなり申し訳ありませんm(__)m

そうですね、
でも、ちゃんと筋道をたてて話をしてくれるお年寄りは限られてきてしまって(((^_^;)

私もこの記事以降はまだ聞き取りの時間を持てていません。
又お会いしてお話しできること楽しみにしています(^-^)v

URL | sarara #-
2016/09/14 09:00 | edit

素敵ですね

  お久しぶりです

 素敵なお話ですね
村の年長者の方が、思い出であろうと昔のことを話してくださるのはいいことだと思います。
知らなかった昔のこと、自分が住んでいる場所の話ですもの興味深いです。
話してくださるのは、それだけさららさんが話しやすく聞いてくださる方だと知っておられるのですね。

 蚕を飼っての件で、私も実家が昔、蚕を飼っていた話を聞いたことを思い出しました。
機織り機械もあったらしく、今はもうないようですが、自分のあったことのないご先祖さんの話ですが
蚕を飼って機織りしていた人がいたということに少し驚いていたことが思い出されます。

 今あるのは、自分たちの知らない人が一生懸命頑張って作ってきてくださったものの上に成り立っていると思っています。
今、自分が存在することも何かの意味のあることなのかもしれないと
つながった縁は何か意味のあることだと思うことにしています。

 やさしいおばあちゃん、おじいちゃん、きっと縁を感じておられるのだと思います。

 

URL | もえぎ #-
2016/09/04 22:11 | edit

おばあちゃんもおじいちゃんも
聞くと
次から次に話してくれますね。
まさに紡ぎだすみたいに!

今、聞かないと
聞くことができなくなる
聞く時間が足りないのがもどかいしい日々です。

想いは言葉に出さないと形にならない
だから「妄想会議」をよくやります。
想いを語り合う若い仲間がそばに居てくれる
私は恵まれた幸せ者です。

URL | 小さな魔法使い #-
2016/08/27 08:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://okuasukasarara.blog103.fc2.com/tb.php/905-ea876888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。