FC2ブログ

さらら夏合宿2015

未分類
08 /17 2015
今回の合宿、ミッションの一つ
「お店の障子貼り」

~雪見障子を貼り替える~

今井町見学や女渕の写真は、参加してくれたさらら隊のメンバーがアップしてくれているので、
ここでは障子貼りの様子を書いておきます


(縁側の横縞ポロの人の横にあるのがジャッキ。そして田んぼのカコアシを使って敷居を持ち上げてやっと外す)
20150816_101957 (640x360)

(30分ほど、段取りをインプットしてそれぞれが任務を遂行する)
20150816_102022 (640x360)

(とりあえず、任務完了! 写真で見る限りではすごく美しくなっている)
20150816_131543 (640x360)

(いつも、要所要所上手く現われるミスターF)
20150816_131029 (640x360)

さららの障子は、オープン寸前、「これではあかんやろ?」
ということで、ボランティアで集まってくれたグループさららのみんなが、一気に貼り替えてくれた

この時すでに、空き家状態が20年以上になっていたので
雪見障子が上がらなかったり、上がっても留まらず、ストンと落ちてしまったりの状態だった。
それを総勢、7,8人の主婦でどうやったのか?覚えていないくらいの勢いで8枚の雪見障子を貼り替えてくれた。

何か所か破れたり色が変わって来ていたりで、私がゴリ押しで、提案したミッションであったが、
今回貼り替えの作業をしたことで、あの時どんなにみんなの力が大切やったか?改めて感じることが出来た。

私も自宅の雪見障子をひとりで貼り替えたことがあるので、
そんなに難しくはないだろうとタカをくくっていたけれど意外と難しかった。

なぜか?
雪見の部分がハズレナイ。
と言うより、障子自体が動かない。
(夫の案で車のジャッキで敷居を持ち上げはずす)
男性陣の力を十分に借りて、作業は進んでいく

小さな子供たちだけでなく、さらら隊のみんなの年齢でも障子貼りとか雪見障子を家庭で見るという事が
本当に無いに等しいことがわかり、ちょっと危機感

あかん、これではあかん。
近い将来雪見障子や書院、欄間が博物館でしか見られなくなる時代が来るかもしれない

少なくても、これに関わった人たちは頭の隅で覚えていてくれるだろうね

コメント

非公開コメント

sarara

懐かしい故郷を味わってみませんか?
営業日時・木金土日
11:00~16:00
夏期・冬期休業あります

詳細はさららホームページ、から


↓メニューはこちら