お菓子作り

お土産物
05 /01 2013
お菓子作りなんて
最も私に似合わない作業って思っていました

ところが、似合う似合わないなんて関係なく
手伝うことになったのが
養護学校でのバザーでした
もう30年くらい前のこと

最初に先輩のお母様方から
教えていただいたのが、マドレーヌ

このようなシェル型ではなく
紙のケースに入れて焼くマドレーヌ
(一日一人で100個ほど焼いたこともありました)
DSC_1196 (320x202)

人間何がきっかけで、
自分には到底無理だ!!って思っていたことが
  (今では、それを始めっから追求してきたかのように)
特技の一つになっているのが
本当に不思議です

ただ、もともと作るっていう過程が好きだっていうのは
ありますがね・・・



今では、シンプルなものの中に
本当の美味しさを追求していくことに
喜びを感じています

お手製のシールを作って
マドレーヌ 
一個¥80
DSC_1197 (320x212)

ああ、後ろに写っているのは
先日、生駒の山から明日香の山に
越してきたタイプライター


一枚目の写真のお皿は
スタッフから「早く捨てたら?!」って言われ、
肩身の狭かった、私の好きなお皿です



初仕事

お土産物
01 /17 2013
だらだらの毎日に、鞭を打ってくれたありがたいご注文

いつもお世話になっている、
Wさんからサンクスギフトの注文を昨年末いただきました

DSC_0759 (640x569)

生姜クッキーが好きと言ってくれていた彼女
赤いクリクリの所に、メッセージを入れたタグをつけて
納品しました

私の商品を、そんな晴れ舞台に連れて行ってくれる彼女に
感謝して
これからも幸あれと、心を込めて作りました

ありがと

これで完成!!

お土産物
12 /25 2012
雌伏一年(短かっ!!)

試行錯誤の上、やっと完成!ほぼ完成!(?まだ変更有なん?)

箱入り焼き菓子の完成です
¥1,000です

DSC_0530 (640x409)

ハンコの押し方も少しずつ上手くなって
ロスの部分が減ってきました

種類は6種類、あと、伝説の生姜クッキーがあり、箱詰めしていきます
もちろん、一種類の詰め合わせでもOK!
グラム数は変わりますが、勿論単品売りも出来ます


可愛い子供たちの旅立ちです




《追伸》
文頭の雌伏っていう言葉、
私が小学生の頃、父に届いた知人からの健康回復の挨拶状に
雌伏三年・・・って言葉があったので
生き字引みたいだった父に、
なんていう意味?
って聞いた思い出の言葉

いつか使いたくて

焼き菓子箱詰め登場です

お土産物
11 /26 2012
最初の発注者、内輪のWさん
5個注文いただきました!ありがとう

詰めの甘さが出てしまったなあ
内容を表すスタンプ、さかさまになってしまってます
DSC_0435 (640x439)

DSC_0425 (362x640)

なんや細かい商売やなあ!と思うなかれ
愛情を込めて旅立たせる、記念すべき5個なのですから



ばら売りは店内で販売しておりますが
これまた、飛ぶように(・・・飛んでませんがフツーに)買っていただいております

箱入りは、しばらくは予約注文になります



最初パウンドケーキも考えましたが
ケーキを密封して、焼いた時と同じ状態の風味、触感を維持するには
まだまだ、研究不足です
多分ケーキ類は、店内で召し上がっていただくことになるかと思います

うれしいなあ

現在販売中のクッキー
ローズマリー・生姜・たまねぎ
・・・ともう一つ、スタンプが出来てから完成した
絶対美味しい、黒米入りクッキー

スタンプ台を調達して下さった生駒の方
デザインしてくれたNさん
お陰様でパッケージ完成です

ありがとう






ふ・ふ・ふ・・・・

お土産物
10 /17 2012
春ごろから、さららのお土産物を充実させる為の会議を
デザイン担当のナツミさんと重ねてきました

そして、お菓子部門の包装グッズが遂に完成
DSC_0304 (640x416)

リーフレットとやらも
DSC_0301 (435x640)

う~ん、準備万端!
あとは?

あとは?
中身の製造だけだ!!

sarara

懐かしい故郷を味わってみませんか?
営業日時・木金土日
11:00~16:00
夏期・冬期休業あります

詳細はさららホームページ、から


↓メニューはこちら