FC2ブログ

初心に戻る

奥明日香さらら
02 /17 2019
今、まさにオープン当初のあの
ワクワクとドキドキ感が私を取り巻いている

このワクワクとドキドキ感は
10年前の希望に満ちたそれとは、少し違った感じもするけれど
それはもう、まだわずかに残っている私を取り巻く「勢い」というもので
カモフラージュすればいい

まず、そのワクワクとドキドキ感を
現実のものにするために

今日は、10数年前から付かず離れず、なんとなくの関係が出来ていた方々(^_-)-☆と

2年くらい前から急接近の方に、さららの新メニューの
試食批評をしてもらった
~かなり偶然のシチュエーションではあったが(^-^;~

20190216_145558 (680x510)

これに、根菜スープとサラダをセットにしてのメニュー

もう一種類焼いたのだが、緊張のあまり見事に失敗

けれども、皆さんからゴーサインをもらったように勝手に思った

根菜スープもとても美味しい

母がいつも言っていた、根っこの野菜をたくさん摂るのが大事やで
の言葉通り、子供の頃はよく牛蒡の天ぷら、きんぴらを作ってくれていた。

根菜の炊いたのはさらら膳にもあったけれど、
この方のことを知り、
まさにそうなんや、と思えた。
この方のように、極めることは出来ないけれど、
考え方は、取り入れられる。

20190215_064201 (499x680)

又、10年前と同じく、私にとっては大きなお金を使うことになるけれど

応援してくれる人も確実に居てくれるはず

だんだん楽しくなってきた








退屈な作業

奥明日香さらら
01 /12 2019
昨年から、わりと暖かい日が続いているせいか
大根の生育がとてつもなく良い

半面太く育った大根は中に「す」が入りやすい
冬期休暇とはいえ、することは満載
優先順位として、切り干し大根、割り干し大根作り、をまず、、、

栢森はすり鉢状の底に集落があるから、
日の当たる時間が短く
風の通りも悪い

そこで、さららの二階のひさしに干し場を作ってもらうことにした
これで少しは出したり入れたりの手間は、省けるかなあ

_DSC0826 (680x442)


_DSC0837 (680x450)

今年こそは、ちゃんと使うからね

奥明日香さらら
11 /04 2018
オープンしてから、ずっと
裏の畑から見てくれているのに
目先の忙しさで
見て見ない振りをし続けていた。

正直なところ使い道がはっきりしなかったせいもある

今やっと、この子たちに目を向けてやれる時がきた

柑橘系全般が好きと言ってるわりには、
柚子ばかりに気を取られていた

ごめんヨ

20181104_121854 (680x331) (2)

ボチボチ収穫します

20181104_124308 (680x331)


とてもきれいな色

20181104_130511 (680x331)

う~ん、感激(*´▽`*)
予想をはるかに超える、美味しさです

20181104_134648 (680x331)

スダチは緑色の時しか使えないんやと思っていました
そして
秋刀魚に絞ってかけるだけのもんやと、思っていました
ごめんよ


お客様の居ない、とてもいいお天気で爽やかな日には(^-^;

奥明日香さらら
10 /27 2018
昨日は、ず~っとぼんやりしていられそうな
穏やかな一日。

なのに、皆さんどうしておられるのか?と思うほど、
電話の一本もかかって来ない。

そんな日には、気を取り直して
今まで気になっていた、レシピの試作をしましょう

まずは、
ジャガイモを使って、パンケーキ。

20181026_151746 (680x331)

20181026_154239 (680x331)

これは、美味しくていくらでも食べられるけど
どの場面で出せばいいのでしょうね?
さらら膳のメニューには、ちょっと合わない(笑)


次は、何回チャレンジしても
今まで自分にはしっくり来なかった
ジンジャーエール

もう、これから毎日のもう!
素敵すぎる

20181026_161015 (680x331)

あとは、この生姜糖が自分好みに出来上がるかどうか?
これが上手くいったら、死んでもいいかも~

あかんあかん、死んだら誰かに食べられてしまうではないか

20181026_120704 (680x331)


そして、今
ブルーベリージャムの時に
瓶の煮沸消毒に、はまってしまって
あちらこちらから、瓶を集合させた

20181026_132241 (680x331)

20181026_132142 (680x331)

20181026_132209 (680x331)

ジャムの瓶くらいなら、何とか沸騰した湯から取り出せたが
この焼酎の瓶やら
大きな瓶
頑丈過ぎてやたら重い、真空の瓶には
手こずった

なんか充実した
満ち足りた一日






ブルーベリージャム作り~瓶詰に至る

奥明日香さらら
10 /01 2018
明日香村産のブルーベリーが手に入ったので
ジャム作りと瓶詰

CYMERA_20180929_102536 (680x680)

比較的ブルーベリーのジャムは作りやすいのだけれど
一緒に収穫してしまった、ゴミや傷んだ実を取り除く作業に
えらく時間と体力を費やした

今までジャム作りはしてきたけれど
自宅で楽しんだり
ケーキやクッキー作りに使っていただけで
瓶詰の作業にはチャレンジしたことがなかった

何故なのか?
私にはできない作業と、思いこんでいたから、

ところがここへ来て、一念発起できたのが
梨木果歩さんの小説

「からくりからくさ」や
「西の魔女が死んだ」
にでてくる、ジャムの瓶詰の話を読んで
・・・ひょっとして出来るかも・・・私

専門書はとかく物事を大層に表現している傾向があるので
今まで何をするにも、あまり役に立ってもらったことがない

今回は偶然巡り合った何でもない方
(いやひょっとしたら、何でもある方かも知れない)
のブログから手順を学び(笑)
何とか完成

こんなに愛情と手間をかけたジャム

とてもじゃないけど
値段をつけて売る気になれない

あの人にこの人に。。。(^^♪

一番目はやはり、瓶を調達してくれた、こーへーさんと
二番目はブルーベリーを摘ませてくれた
あの方に・・・だな



sarara

懐かしい故郷を味わってみませんか?
営業日時・木金土日
11:00~16:00
夏期・冬期休業あります

詳細はさららホームページ、から


↓メニューはこちら