「奥明日香さらら」店主のひとりごと

村おこしから始まった小さな「ふるさとレストラン」です

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

平泉へ~そのⅡ  

わりとゆっくりと回らせてもらったのですが
お寺や、そのお庭やといったところに
あまり特別な感動をおぼえないのはなぜか?


私が年をとってしまったから、 感受性が人並みになってしまったのかなあ・・・?
その辺が妙に気になって、歩きながら考えました



時間つぶしに入った喫茶店でもずっと考えてました

なぜか・・・・・
わかりました

明日香村に住んでいるからです
広くいえば、奈良県(全然広くないな)に生まれ育ち
一度も外で生活していないからだと思いました

大きな古いお寺やお庭や
そんなことは当たり前な生活をしてきているからだとわかりました



感動を今一つ表せないこと本当にごめんなさい
決して物足りなかったとかそういうことではないんです


でも、全くグルメではない私だからこそ
こんな商売をさせてもらっているのに外食はあまり好きでない私だからこそ
どうしても紹介したかったこのお蕎麦のランチ


私の追い求めている‘simple is the best"まさにそんなランチです
(theを付けない方が一般的だとか、でも私はこちらの方が言いやすい、まあどちらにしても和製英語とか・・)

DSC_1526 (640x424)

通でないから、
手打ちなのか、何なのかさっぱりわかりませんし
そんなことはどうでも良かったです。美味しかったです。


多分どこか公の機関が運営しているのでしょう
(でもそうとは思えない、気分の良さ!)
学生さんのアルバイトかなって思われる若いスタッフさんの元気な
「いらっしゃいませ!」「ありがとうございました」
すがすがしかったです

平泉へ行かれる方、眺望も最高で、無料の休憩もOKの
 かんざん亭に是非お立ち寄りください<(_ _)>

あっ、出来れば、何か注文してください



結局お土産は、この中尊寺付近のお土産物屋さんと一ノ関駅構内で買いました

何種類かの地酒がありました
前夜に、入った一ノ関駅前の焼き鳥屋さん
(手作りでとても美味しかった!でも又名前忘れた)で飲みました
DSC_1551 (424x640)

かりんとう饅頭も美味しかったです
DSC_1556 (640x424)

岩手旅行のご報告一旦~完です

東北、次は是非、山寺へ行くルート考えてみます
あと何年後?



スポンサーサイト

category: 陸前高田市へ

tb: --   cm: --

平泉へ  

8月の半ば、お店の夏休みを利用して岩手へ

二泊三日の駆け足だったし、
今回は楽しむ旅行という感覚が正直なところ
持てませんでした

でもここまで来たのだからやはり、平泉・中尊寺へは
行っておきましょう・・ということで
DSC_1484 (640x375)

効率良く回るために
うちの若者に、観光案内で聞いてもらって
まず毛越寺へ!(こちらへは駅から徒歩で15分から20分くらい)

かなり広い敷地で、いい感じのウオーキングが出来ました
DSC_1485 (640x424)

テレビで見たりガイドブックで見たりして
かなり期待していったのですが、やっぱり、時期が悪かった
本当に残念です


毛越寺から循環バス(なんていう名前だったか忘れました)
一回140円
DSC_1507 (640x424) 
何の変哲もないバス
あえてアップしたのは、運転手さんが女性だったのです
ある程度お年は召しておられたと思いますが
(重要文化財以上に感動しました

そしていよいよ中尊寺へ
DSC_1518 (415x640) 
いっぱい歩いて、いっぱいお堂を見て
いっぱい写真も撮って・・・

う~ん、事前に少し知識も入れたけど
私にはやはり、中尊寺は義経が匿われたところ・・のイメージが大きくて
もし今度機会があれば、もっと勉強していきます

次回へと続く

category: 陸前高田市へ

tb: --   cm: --

陸前高田市~Ⅶ  

ひとまず、夏の陸前高田市からのご報告はこれで終わります。

もちろん、これからも私が知る限りのこと、感じること、お知らせしていきたいと思っています



今、一つだけ言えることは、復興には大きな力が必要だっていう事

強く思いました

小さな力が集まって、大きな力を生み出すことは大事だけれど

それと同時に、やはり事態を大きく動かす政治の力、企業の力は

もっと必要だと思いました



災害直後だったら物資面の協力や、瓦礫の除去などの協力が
一番だったと思いますが、
時が経ち少しずつ被災地の状況も変わって来ています


被災地の状況を見た時、残念ながら私個人に出来ることは
本当に取るに足らない小さなことしかないな、って
自分の無力さを思い知らされました
 


大きな必要な力が入って、本当に被災地でお金を使えるところまで復興してきたら、
きっと又、微々たるお金を使いに行きたいと思います
 
それまでさららで頑張ります

ここには書けない複雑な思いも正直いくつかありますが
私が自分なりに考え、直接的ではなくても
一生懸命な生き方をしていくことで
何か周りに影響を与えていければいいなって思いました



次の日に、平泉・中尊寺へも行きました
こちらは又、機会があればその都度ご報告します

なぜ、平泉だったかと言いますと
◎一ノ関からほど近かったこと
◎明日香村が世界遺産認定に名乗りを上げていること
(別に明日香村から、依頼されたわけではありません。勝手に行ってきました)


category: 陸前高田市へ

tb: --   cm: --

陸前高田市~そのⅤ  

再び陸前高田市の様子

キャピタルホテル(有名な歌手が建てたホテル)
外観は全く被害に遭った感じがありません

見晴らしが抜群に良く、人気のホテルだったそうです
もし復興したら、絶対行きたいです
DSC_1444 (640x416)

でも、満潮時には今も柱の上まで海水が来るそうです
DSC_1446 (640x406)

半分落ちた橋
DSC_1453 (640x403)

市役所は仮庁舎のまま、・・・悲しげです
DSC_1478 (640x413) 

ここに載せた写真はほんの限られたものです
そして又、実際の目で見てみるのとはちょっと違っています

でも、一年半経ってもこんな状態だ!って一人でも多くの方が
知ってくれたら・・・と思いました



勿論ここだけではなく、あちらこちらで災害は起こっています

でも、現地へ来て改めて感じるヒトとはまた違った、何ともやりきれないこの気持ちは
やはり重度重複障害者の母だからかもしれません。

category: 陸前高田市へ

tb: --   cm: --

陸前高田市~そのⅣ  

《前略》
・・・陸前高田市、復興はいつの日かわかりませんが
幸いにも助かった市民一人一人が
前を向いてがんばっています
《後略》

家へ帰ってから届いたSさんからのお礼の手紙です
「上を向いて歩こう」は大好きな歌で名曲だと思います
でもやっぱり、私も「前を向いて歩こう」って思います
涙がこぼれたっていいじゃないですか



・・ここからは陸前高田市の現状です
運転手さんにお願いして少し回り道をしてもらいました
(もう少し画像を小さくして、沢山載せようかと思いましたが
少しでも現状をわかって欲しいと思いあえてこのサイズにしました)

《復興の象徴といわれる一本松》 
DSC_1430 (640x405) 
今、アップして改めて見てみると
一瞬何の被害もなかったような写り方
無意識にいい所だけを切り取って、写したのかも知れません
運転手さんによると、このような松が約一万本ズラーッとあったそうです

その辺りには、被災した建物が無残な形で残っていました
DSC_1441 (640x414) 

《市街地》
 被写体は瓦礫の山と、重機だけ
DSC_1416 (640x424)
 
・・・ああ、ひまわりも写ってます
DSC_1417 (640x422) 
でも、どの辺りを撮ったのかよくわかりません
ずーっとこんな風景ですもの
DSC_1423 (640x424) 
やっと建物が!って思ったら
 ニュースに何度も映し出されていた高田病院
近々、取り壊されるようです
DSC_1422 (640x420) 

田んぼも海水が入ったまま・・
DSC_1426 (640x424)

一年半たってこの状態ですから
直後からボランティア活動などで、入られた方は
相当な思いで向かわれたことでしょうね


category: 陸前高田市へ

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。