「奥明日香さらら」店主のひとりごと

村おこしから始まった小さな「ふるさとレストラン」です

大切な話  

さららのオープン以来、いつも応援の言葉をかけてくれているおばちゃんがいる。
貴重な存在♪ありがたいな

(これは、もちろんおばちゃんの写真ではありません^_^;)
20160826212433587.jpg

今日は、ゴミの収集日なので店に行く途中、おばちゃんに出会った。

「大工さん入ってはったけど、どないするの?」って声かけてくれたから、
「今から店行くから、おばちゃん見に来てくれる?」

ということで、もうひとつのさららを見てもらう。

そのあと、さららのある栢森の昔の暮らしへと話が進んだ。
おばちゃんは、ここで生まれて育って、ず~っとここに住んでいる。

いろんな話をしてくれたので、書き留めておかないと、、、。

栢森は、その昔はとても栄えていた。
村というより、町のように賑やかなところやった。
(おばちゃんの年齢から想像すると、70数年前の話かと。)

豆腐やさん、鍛冶やさん、呉服屋さん、造り酒屋さんまであったそうな♥

やはり収入の発生源は山。
苗木を植えるところから、下草刈り、枝打ち、シバにして橿原などの業者へ売る。
夫の父に生前、何か特産品作りに繋がる話はないかと、この土地の昔のことを聞いたことがあった。
話の結論として、
「何にもそんなこと考えんでも、シバを売ったり、山で作業したりしたらお金になったから。。。」

今の生活でシバを使う場面はなくなったからなあ。
それで余計に山が荒れてるんやろう。

自宅のお向かいのおっちゃんに、生前、同じようなことを何度かきかせてもらったことがあったが、
やはり同じように、昔の栢森の繁栄ぶりを語ってくれた。
「お前は偉いのう(⌒‐⌒)、ここのために頑張ってくれてんのか?」
「栢森の集落の道は一級国道やった、吉野へ続く道で産業も発展したんや♪」
「吉野の方に製糸工場があって、栢森の何軒かの家は機織りもしていた。」
「蚕も育ててたで」

意外なことに、昔を語ってくれるおっちゃんやおばちゃんは、
こんなことをしている私のことを、褒め称えてくれる。

一握りでもいい、心から(ヨシ)と思ってくれる人がいてくれてる限り
ここで頑張りたい、頑張らないと、と思った。

山を活性させるのは、私の力では到底無理♪
けど、なんとかしたいなあ!

話をしてくれたおばちゃん、
米に関わる仕事をしていたから「米田」
山で木に関わる仕事をしていたから、「木田」になったって聞いてるで(⌒‐⌒)
つっこみどころ満載な話だが、どういうわけか今日は素直に信じることができた。

栢森で生まれ育って、今も現役で田畑仕事にせいを出してる80代以上のおじちゃんおばちゃんたちに、
もう一度聞き取り作業をしてみようと思った。


category: 奥明日香さらら

tb: 0   cm: 1

いつも心に思うこと  

もうひとつのさららの改修のことで、助言してくれているchielちゃん
娘くらいの年齢の彼女の真剣さが心地よい(^^)

その彼女が作ってくれたワッカ(ブレスレットともいう)
自分の好きな言葉を刻印してくれる。
これは、絶対オススメです。
私にでも買えるお値段です♪
2016080821250771a.jpg

この言葉、いつの頃からかずっと私の中にあって
こんな言葉あるやろ?
って言ったらちゃんと刻印してくれてた。
「もし明日、世界が終わろうとも、私は今日、リンゴの種を撒くだろう」
みたいな感じ(^^)

さあ、又明日に向かって。。。やな(((^_^;)

category: ひとり言

tb: 0   cm: 0

夏休みです  

夏休み明けは9月1日からの営業です。よろしくお願いしますm(__)m

20160731113639b82.jpg

昨日の夕日を勝手にプレゼントします。

20160731113639cb6.jpg

category: お知らせ

tb: 0   cm: 0

久しぶりの梅干し漬けました。  

梅雨が明けた途端、カンカン照りの毎日です

久し振りに梅干しを漬けてみました。
さららの裏の畑に植えた梅の実が初めて収穫できたのです♪

近頃流行りの減塩梅干しは、あまり好きではないので18%から20%にしています。

まだ土用ではありませんが、干しました(⌒‐⌒)

《今年は頂き物の梅とで、買わずに済みました。》
《貰っておきながら申し訳ないのですが、うちの梅はとても凛々しく神々しささえ感じられます♪》
《そうです、大きく艶々してるのがうちで出来た梅なんです。》

20160721190046a60.jpg


201607211900463d8.jpg

《梅干しと同じくらいに紅しょうがが欲しいので、こちらも久々に漬けました。》
《今まで何度か失敗したので、気が重かったのですが、市販のはどうしてもうれしくないので、近所のおばさまたちを呼び止めて、今まで知らなかった漬け方を教わりました。》

2016072119004689c.jpg

《こういうものは、本当に人それぞれで、今回はお二人の教えをミックスしました。》
《生姜が梅とバトンタッチして、紫蘇の中に潜り込みました。》
20160721190046e9c.jpg



category: メニュー

tb: 0   cm: 0

ならリビングセミナー無事終了しました  

 

ありがたいことに、2日間の開催になりました。

よく考えてみると、一日の受け入れ人数が20名さまなので、

そんなに人気沸騰というわけでもありませんが(((^^;)

みなさまありがとうございましたm(__)m


次からは、募集段階でお知らせしたいと思いますので、よろしくお願いします(^^)


20160704074834807.jpg
 



201607040748343a3.jpg
 



2016070407483408b.jpg
 




category: お知らせ

tb: 0   cm: 0