FC2ブログ

久しぶりに

ひとり言
08 /20 2018
もう、お馴染みの場所。
紅葉の季節には、カメラマンさんをよく見かける

私はそんなベタなことはしない
ベタって、どんなことなのか?(笑)

久しぶりに撮りたい気分になって、車を停める

20180820_133126 (311x640)

雄綱の掛かっている橋が、勧請橋(かんじょうばし)というのは
以前から知っていたが
この近くの橋の名前が分からなかった

と言うよりあまり関心がなかった。

神奈備橋(かんなびばし)らしい。

なんか都合よく付けられているなあ?

20180820_091201 (640x311)

よし!明日は栢森に架かっている、橋を撮りに行こう。


古いもの~その一(道具箱?)

奥明日香さらら
08 /19 2018
奥明日香さららをオープンして間もなくの頃だったか、
知人の紹介で古道具屋さんと知り合った。

ネットで買えそうな値段の道具類を何点か購入。
以前にも紹介したとは思うが、
もう少し丁寧にそれらを紹介していきたい

(まずは、道具箱?)

20180728_120932 (640x480)


大工さんの道具箱だろうか?
それほどいい材料を使ってるとも思えないけれど
どんな人がどんな風に、日常を送っていたのか?
仕事の出来る人だったのだろうか?

埃を取りながら、いろんな思いを巡らせるのは
とても楽しい

集まってくる器なども骨董品としての価値があるか、ないかなんて
私には全く関係ない

というよりわからないし(笑)

20180728_120800 (640x480)

Eテレの子供向け番組に出てくる
サボさんの顔に見えてきた(^-^;

20180728_120937 (640x480)

次は本棚


最初の一歩

奥明日香さらら
07 /30 2018
2,3年前から、10年を迎えたときに取る身の振り方を模索し続けていました
今になって改めて自分は、「大胆かつ臆病もの」であることを再認識。
それもこれも、第一回目を開くことで気付けた数々の事。

告知と同時に参加申し込みをしてくださった方のおかげです

10年経っての最初の一歩は、年に数回開催すると決めた(笑)さららワークショップ
昨日7月29日、一回目のさららワークショップ開催。

「生姜の寒天と大根餅作り」

received_2079422378974902 (640x360)


received_2079422322308241 (640x360)

≪これは重労働です(^-^;≫
20180730_084119 (640x360)

≪のりちゃんのお土産、千石餅≫
20180729_212058 (640x480)

参加してくださった、のりちゃん、のりちゃんのお友達の優しさに助けられ
無事楽しく終了することができました。

念には念を入れて開催告知したはずなのに、
すぐに、ひとつ大丈夫やろか?と気が付いたことがありました。

初めから、分かるやろ(>_<)と言われると思いますが、
営業日に同じ時間の流れで、ご予約のお客様を迎え
ワークショップを進めていく
スタッフ人数は、いつもの私を含めて二人。

全くどうするのか、料理を作るのもワークショップを進めて行くのも
恥ずかしながら私
娘が当番の日だったので、ずいぶん助けられました(^-^;

それに気付いたこともあって、今回はお二人だけの参加者さんとなりました

そしてもう一つ
ほぼ、ワークショップを含むイベント告知のためにFacebookページも再開したのに
散々ああでもないこうでもないと、
書いては消し、書いては消ししているうちに、
当然、アップしていたと思っていたら、
今朝ページには投稿していなかったことに、初めて気付きました(>_<)

でも、いい気づきもありました
私は、こんなワークショップが好きなんや。。
ってことも

この年になって、もう紆余曲折をしてはいられないのですが、
日々前進

カルペディエム(今、この時を楽しもう!)です








やっぱりヒトが好き

ひとり言
07 /26 2018
さらら膳のコンセプトは、後にも先にも
「作り手の見える・・・・・」
だと思っている

誰が何処で育てた食材を
誰によって調理されたか?
食材は、全部が全部とはいかないけれど
ほぼそれに近付けるように

そして近頃は、身に着けるもの
手元に置くものも
自然とそういう物が集まってくる

こだわり・・とかいう事とはちょっと違う
ここにきて、自分の居心地がいい場所を
探しているのかもしれない。

久しぶりにchielさんのネックレス手に入れる
20180726_202105 (354x640)

アマゾナイト「感情の波を落ち着かせて前向きな気持ちへ........」
らしい(笑)

あとで気が付いたのだけれど、このブルーグリーン
母の好きな色だった

ケースは軍曹さん作

白生地

ひとり言
07 /11 2018
もう45年も前になる

結納という物をいただいて

嫁ぐものは、荷物ごしらえをして晴れの日を迎えるわけだ

私21歳。

その結納の中に、白生地の反物が入っていた
その時代としては猫も杓子も、右に倣えである

20180625_111414 (640x480)

あくまでも私個人の考えとしては
要らぬしきたりだと思う。

嫁ぎ先の色に染まる。。。って愚かな話である

取り立てて何に不満があるという事はないし
はたから見れば、思うように好きなように
やらせてもらってる、、、
と思われているだろうに(^-^;

珍しく、わたくしごとを呟いてみる

sarara

懐かしい故郷を味わってみませんか?
営業日時・木金土日
11:00~16:00
夏期・冬期休業あります

詳細はさららホームページ、から


↓メニューはこちら