FC2ブログ

割烹着を作る

私が私であるために
02 /15 2020
ず~っと前から欲しかった割烹着

最初、これ欲しい!と思ったのは
朝の連ドラでマッサンの奥さん、
エリーさんが着ていたサーモンピンクの割烹着

割烹着は何度か自分で作ろうと型紙をとってみるも
なかなか、思うような物にはたどり着けない

いっそ作家さんの作品を買おうとお値段を聞く、、、
でも、そらそうや💛そらそうや、当たり前やんなあ

やっぱり作ってみる

そして、出来上がったのがコチラ
20200214_204821.jpg

スマホでの自撮りが、まさかのピンボケ
あと何回か頑張るも、これに優るショットは撮れず(笑)

そして、何時もながらの控えめピロ子をそっと出す

20200214_204611.jpg

割烹着は素晴らしい

とにかく厨房で大半を過ごすので
動きやすく、服の汚れを気にしたり、いちいち袖まくりもしなくていい

そして何がうれしいか?

そのまま呼ばれて出て行っても、ちょっとお洒落(自己満足)

そして今の時期寒がりの私にはありがたい暖かさ

真夏でも着られる割烹着、作るぞ~



時間がかかる

ひとり言
02 /15 2020
自分では、かなりテキパキしているように思うのだけれど
いやはやそうではなかった。
構想ばっかり練って、実践に踏み切るのがなかなかである

やっとヨシッと思って取り掛かるも、
なんや!簡単やん(^^)
楽勝楽勝♬、そう思ってしまったら、
たちまち戦意喪失

違うことをやってみたくなる。

ということで

〈今年もスダチのジャムを作る〉

20200211_131841.jpg

もう少しゆっくりと

私が私であるために
02 /05 2020
この期に及んで、生き方を変えるというわけにはいかないけれど
もう少しゆっくり生きていこうと思う

採算性はどうであれ、
やらなければいけないと思うこと(許可申請など)は大体出来た

それらを踏まえて、これからは本当にやりたいことを、ゆっくりと追求していくことにした。

このパンフは、
子供たちと一緒に旅行に出かける機会は今しかないと
雑誌で見つけた白馬のペンションのもの
子供たちは大学生でした。

何度か書類の整理をしていても、残っていくのは面白い
多分私にはいつまでも必要ななんだろうね

20200205_102454 (2)

20200205_102614 (2)

今はもう営業はされていないようだけど
もっとも心に残る、二泊三日の旅だった
確か冬季オリンピックが長野で開催される前の年でした

私も、真似をしたい部分はいっぱいあるけれど
丁寧におもてなしをすること以外は
自分流でいいかなと思えるようになった。

こうやって振り返ってみると
一番大変だったと思える時期が一番充実していたのかなとも思えるのは
それ以上に今が充実しているからだということか(^^)

7月11日(土)に決まった勇造Live
楽しいものにしていきます
こうご期待ですよ






恒例のさららで味噌つくり

奥明日香さらら
02 /01 2020
もう、5,6年は続いているのかな

今年は師匠不在だったので、みんなビシッとしているか?と思えば
あかん、久しぶりに出会ったから、やっぱり喋る。

味噌はいろんな材料でそれぞれの思いを持って作られると思うが
これぞ「手前味噌」
参加者全員、もうすご~く美味しいねを毎回連発(;^ω^)

今年は全員分の豆が青大豆。
お父さん、頑張りました。

20191220_090916 (1)

line_1579050101761_1 (1)

前々日に、お豆を浸けて、前日に軟らかく炊く
傍を離れないで、灰汁取りに励みます(^^)

20200131_135636.jpg

ワンチームで喋りながらも、この手際良さ
撮れた写真はこの一枚だけ、手際の良さはあまり伝わらない(笑)
さららの分も手伝ってもらって大助かり

20200201_120558 (2)

作業が終わった後は

20200201_125338.jpg

こんな感じでお出しするつもりだったフルーツティーとスコーンのセット
時間切れ💦
スコーンは食べてもらえてよかったです

20200131_135342.jpg


わだかまりが解ける

私が私であるために
01 /23 2020
昨日は、施設入所した姑さんが病院外来へ、検査を受けに行く日
姑さんは今年95歳になる

施設から手回しよく連絡してくれていたので、
スムーズに終わることができた

終わったあと、
「ところでおばあさん、私のことはだれかわかってる?」
と、聞く。
「・・・・・」
もう一度聞く。
「・・・・・」

夫は自分の母親だからか、
「わざと分からんふりしてるんと違うかなあ~」と言う(笑)

痴呆の進んだ姑の表情は、本当に今まで見たこともないような
可愛らしい、あどけない顔である。

その顔をじっくり見たとき
それまで、40数年間の姑へのわだかまりは、私の中ですっかり消えていた。

自分でも不思議なくらいの清々しさ

おばあさん、ずるいなあ(^^♪

20200123_102452 (1)

だからというわけではないが、
2、3年前に買ってなかなか読めなかったこの本
また手にしてみる
寂聴さんの書いた本だから、読みやすくわかりやすく書いてくれているけれど、
何回も戻って読み直しているので
なかなか進まない(笑)

でも結構面白い



sarara

懐かしい故郷を味わってみませんか?
営業日時・木金土日
11:30~16:30
夏期・冬期休業あります

詳細はさららホームページ、から


↓メニューはこちら