さらら店主のひとりごと

村おこしから始まった「奥明日香さらら」と「農家民宿sarara」を通して思う日常のひとコマ。奥明日香を好きになって欲しいと願う店主のひとり言です

寒い朝

ここ数日の寒さ。こんな日はついつい🎵北風吹きぬく    寒い朝は   心ひとつで暖かくなる~を口ずさんでいる。昨日は、五回目ワクチン接種の翌日。団体さんのご予約の日だったので、頑張らないわけにはいかない。さすがに、筋肉痛と寝不足できつかったです。娘もいつも以上に頑張ってくれて、何とか何とか😌今朝は見事復活して、残りの片付け。さららはとても空気が澄んでいるように思いましたサッカーワールド...

続きを読む

「土を喰らう十二ヵ月」

時間が取れなくて、しかもこの地域に映画館は無さすぎ😥でもそれでも見たかったので、車で40分離れた場所へ。朝9:40~の一回だけの上映を見てきました😅すごく感動して、パンフレットも購入しました。このパンフ表紙のシーンは、亡くなった奥さんのお骨を湖に撒いているところです。配役の素晴らしさもさることながら、四季の風景もとても美しく撮られていて、歳を重ねたジュリーや特に奈良岡朋子さんがとても素晴らしいでした。又頑...

続きを読む

これからはうれしいことの積み重ねを

忙しい毎日の、隙間時間をつなぎ合わせて布と糸に触れています。至福の時間。さをり織りもだんだん我流の作品作りになってきています。もうストールだけに集中して、昔はベストやらポンチョやらも織ってたけれど、限界を悟りストールだけに、しかも寸法も一種類。心優しいお客様にお買い上げいただいたお金で、新しい材料を集めます。今回は、(きんしょうさん)から通販で織物用の糸を💮今まで、織物に使わなかった糸は、手編みバッ...

続きを読む

そのくらい誉めてもろたら、、、

そのくらい誉めてもろたら、まだ店やめられへんなぁ。関東方面からのツアーのお客様。「料理はもちろん、店のしつらえから心配りまで全部ひっくるめて、満点です!」「素晴らしいです!」口々におっしゃられたことを纏めると、こんな感じなのか?同年代から少し年上の方にこう言ってもらえるのは、何とも有り難い、、食べ物の好みもインテリアも、雰囲気も受け取り方も、人それぞれ違うのは当たり前。でも、こう言う言葉をもらうの...

続きを読む

自分に出来ることを

お店を臨時休業させてもらって、お姑めさんの三回忌法要を勤めさせてもらいました。コロナ感染の影響で、気軽に家族や親戚と顔を合わせる機会も少なくなりました。あまりいいことではないかもしれませんが、法事というのは、そういう機会を作れるひとつかもしれません。宗派によって、多少の違いはありますが、亡くなった人のことを大切に想い、近しい人が集まるのはやはりいい行事だと思います。嫁いできて、様々な習慣の違い、考...

続きを読む